BLOG

クリエイティブツアー「風景をつくるシゴト」 無事に終了!

2013年7月9日

2ヶ月前から準備を進めてきた、クリエイティブツアーvol.6 「風景をつくるシゴト」~建築家イノウエサトルが観たい風景~は、宮崎や鹿児島からも参加申し込みをいただき、満員御礼のもと無事に決行することができました。


まずは、ご参加いただいた皆さんに、この場を借りてお礼申し上げます。


写真抜粋→Flickr


IMG_2417
※写真は以下すべてエフディ石川博己


ランドスケープ・アーキテクト木藤亮太を案内人として、先人の「風景をつくるシゴト」を視覚と味覚で楽しみ、最後は現代の作家としての僕のシゴトを観ていただくという行程は(たぶん・・・いや間違いなく)大好評でした。そのことを確信したのは、バスの運転手さんの「面白いツアーですね!特に井上さんと木藤さんの解説が面白い。僕も楽しませてもらってます。」という一言。


IMG_2264_01


木藤亮太が選んだ先人たちのシゴトはどれも素晴らしく、最後に自分のシゴトを観てもらうのはとても緊張しましたが・・・


IMG_2339_01


自分のシゴトを観に、25人ほどの集団が閑静な住宅街に中型バスで乗り入れ、住民の皆さんをざわつかせるという、なかなか貴重な体験をすることができました。


IMG_2437_01 


そして何よりも貴重な体験は、場所に対するクリエイターの「視点」が、そこを訪れる人をさらに楽しませたり、気づきを与えるチカラを持つことを感じられたことです。


建築家の職能の1つに、「ツアー企画とアテンド」って加えていいんじゃないかな・・・。


そしてこれは意外なことですが・・・丹精込めて作った作品は、住宅という非常にプライベートなものでも、クライアントさえ許してくだされば、こういうカタチで観光スポット(?)になるということ(笑)


今回行程に組み込んだ「オルハウス」と「ガゼボハウス」のクライアントご家族は、こうした事態をとても楽しんでくださいました。本当にありがとうございました。


そして、以前から素晴らしいと感じていた、エフディの石川さんが運営するクリエイティブ・ツアーの意義と可能性をさらに感じることができました。これからも関わっていけたらと思います。


今回の旅の行程の一つ一つについては、後々少しずつ記事にまとめていきたいと思います。


そして、「風景」を巡って、ランドスケープ・アーキテクト木藤亮太とアートディレクター石川博己と僕が対談した際のテキストもまとめてもらっています。ぜひこちらもご一読ください。


「クリエイティブツアーvol.6」スペシャル企画!エフ・ディ石川×イノウエサトル×木藤亮太対談


その1

その2


ちなみに次回のクリエイティブツアーは、元炭鉱の島「池島」です。閉山して廃墟となった軍艦島は有名ですが、池島は閉山してから間もなく、いまだ人が暮らす島です。軍艦島とはまたちがった不思議な魅力がある島です。ぜひご参加ください。

other category

g-house_住宅_Japanese_house_コンクリート_福岡市

G-house

2016年1月26日

住宅_weave house 北九州

weave house

2016年1月26日

tumblr_mzj310h8Tz1tponkao1_1280

建築輿論

2014年1月18日

680

slow up 2014

2014年1月1日